メニューを開く 予約電話 代表電話

東京都立多摩総合医療センター

〒183-8524 東京都府中市武蔵台2-8-29

当院のがん診療について

当院は、平成23年4月に「地域がん診療連携拠点病院」に指定されました。全診療科を擁する総合病院であり、5大がんをはじめ希少がんまで、ほぼすべての領域にわたる悪性腫瘍の治療件数が多い病院です。

治療はさまざまな先進的設備を駆使し、手術療法、内視鏡治療、放射線治療、がん薬物療法、造血器幹細胞移植などの集学的治療により治療成績の向上を目指しながら、多摩地域の医療需要に積極的に対応しています。

当院のがん医療の主な特色
  • 転移性腫瘍に対しては脳外科、整形外科などの高度で専門的な治療を提供しています。
  • 高齢社会に伴って増加している合併症を有する患者さんでも、専門診療科の協力により治療を遂行します。
  • 治療中の有害事象、合併症に対してはERの協力のもと24時間の受け入れ体制としています。
  • 治療はEBMに基づくことはもちろん、臨床研究支援センターのバックアップのもと、世界に向けてのあらたなエビデンスの発信にも力を入れています。
  • 診療の担い手であるスタッフへのacademicな教育も充実しています。

また、がんの診断時点から、ご本人・ご家族の病気についての疑問・不安・心配事などの様々な事柄に対して、緩和ケアチーム、栄養サポートチーム、がん相談支援センター、総合患者支援センター、がん専門・認定看護師、がん薬物療法認定薬剤師などのスタッフによる有機的な協力のもと、包括的ながん診療によって患者さんをサポートしていきます。

がん診療部門においても、当院の理念である「患者中心のあたたかい医療の提供」を着実に実現していきます。

 

 

・がん化学療法レジメン

当院のがん化学療法部会で審査され承認されたレジメンについて、その内容を保険調剤薬局薬剤師などが服薬指導管理で利用するために公開するものです。主に外来化学療法のレジメンを抜粋しています。

投与量、投与スケジュールは患者の状態によって変更される場合があります。

掲載中のレジメンの利用により生じたあらゆる損害について、責任は負いかねます。また、これらの情報の著作権は、東京都立多摩総合医療センターに帰属します。

 

【問い合わせ先】 東京都立多摩総合医療センター薬剤科 

 

 

 

・トレーシングレポート(がん化学療法)の受付について

【目的】保険薬局等で患者から聴取したアドヒアランスや副作用に関する情報のうち、「緊急性がないが次回の治療に影響し得る内容」について、保険薬局と医療機関で情報共有を図ります。

【運用】

image01

対象:Grade2以上の症状(緊急性がないが次回の治療に影響し得る内容)
   その他、患者に関する病院側への情報提供(次回の診察への情報提供)
   書式:トレーシングレポート(がん化学療法)Excelファイルはこちら
受付時間:平日9:00-17:30
FAX送付先:042-323-5112

緊急性のある場合は医師へ連絡するようにしてください
 緊急性があり直接医師に連絡した内容の情報共有にもご利用ください
 疑義照会、処方提案は従来通り医師に直接行ってください

【問い合わせ先】
東京都立多摩総合医療センター 薬剤科 外来化学療法担当
TEL:042-323-5111(代表)

 

 

・地域の保険薬局に勤務する薬剤師等を対象とした研修会について

・地域の保険薬局に勤務する薬剤師等を対象とした研修会について令和2年9月10日 19時よりWEBにて開催します。
開催案内、申し込み方法は下記のPDFファイルを参照してください。

   9月8日をもって、参加申し込みは締め切りました。
PDFファイルはこちら

初めて 受診する

紹介予約制 を原則としています。

診療科 を調べる

外来担当医表