教育体制
・研修

充実した新人看護職員臨床研修で、
自ら学び成長する看護師になろう!

当院は、平成18年からガイドラインに沿った臨床研修制度をスタートさせています。
新人看護職員に対して、担当の指導者をはじめ看護職員全員でサポートする指導体制を整えています。

目的

  1. 1. 看護における基礎知識・技術を身に着け、職場に適応できる。
  2. 2. リアリティショックが軽減できる。
  3. 3. 個々の目標を持ち、段階的に学び成長できる。
  4. 4. 担当看護師としての基礎を確立できる。
たまりん
4月

オリエンテーション研修

集合研修で基礎看護技術訓練を学びます。

  • 輸液、採血、吸引、トランス、経管栄養、安全管理等
  • リフレクション(情報交換・振り返りなどの実施)
写真1

臨床研修Ⅰ

受持ちを持たずに繰り返し看護技術を実践します。

  • 担当指導者を中心に部署全体で指導します
  • 所属部署にて、患者に必要な看護ケアや技術を習得します
写真2
5月

臨床研修Ⅱ

指導者と共に患者を1名から受持って実践します。

  • 一日の流れに沿った看護実践を行います
  • 看護ケア実施における優先順位の考え方を身につけます
  • 報告・連絡・相談の重要性を学び、実践します
  • 受持ち患者は、新人の状況に合わせて増やしていきます
写真3
6月

臨床研修Ⅲ(実務研修)

実践を繰り返し、臨床看護実践能力を養っていきます。

  • 4名~5名の患者を受持ちます
  • 休日勤務研修を実施します
  • 夜勤研修を実施します(指導者と共に2クール実施します)
写真4
7~10月

集合研修

  • 看護過程
  • メンバーシップ
  • 安全管理
  • 看護技術チェックリストの確認
  • 感染管理
  • 看護過程の展開
写真5
11~12月

集合研修

  • がん看護
  • フィジカルアセスメント(人工呼吸器)
写真6
1~3月

集合研修

  • 事例検討発表会
  • レベルⅠ修了式