メニューを開く 予約電話 代表電話

東京都立多摩総合医療センター

〒183-8524 東京都府中市武蔵台2-8-29

診療トピック(外科系:肥満外科)

当院は肥満症に対する外科治療(減量外科、肥満外科、代謝外科)を行っている日本で有数の病院です。腹腔鏡下スリーブ状胃切除を保険診療下に行っており、手術適応は内科的治療抵抗性のbody mass index(以下BMI)が35kg/m2以上で糖尿病、脂質異常症、高血圧症のいずれかを有する方です。

当院では専門知識を備えた多職種からなる専門医療チームがこの外科治療を支えています。米国での専門研修を修了した外科医、胃外科に習熟した外科医、糖尿病・肥満症治療に習熟した内分泌代謝内科医だけでなく、麻酔科、精神神経科、栄養科、看護部、臨床心理士、理学療法士が安全で質の高い医療を提供します。

肥満症では脂肪細胞の質的異常による内臓脂肪蓄積と量的異常による皮下脂肪の蓄積が多数の健康障害を引き起こし、生命予後を短縮します。減量外科治療はそれらに対する最も効果的な治療法であるといえます。

減量外科治療の特徴

1. リバウンドの少ない体重減少(過剰体重の70-80%)

体重減少には、術前から始まる食事療法、運動療法など生活習慣の改善が重要となります。術後6か月で20-30kgほどの減量が可能であり、術後12-18ヶ月以降リバウンドなく維持できるようチーム医療で支えていきます。

2. 体重減少に伴う健康障害(脂質異常症、高血圧症、脂肪肝、睡眠時無呼吸症、関節炎、月経異常など)の著明な改善

肥満に伴う健康障害はその多くが体重減少と共に著明に改善します。内服薬の減量や中止などその効果は明らかで、生活の質の改善に寄与します。

3. 手術による糖代謝の改善(糖尿病に対する手術)

糖尿病に対する効果は劇的であり、手術の直接的効果により術後早期より耐糖能が改善します。手術後の退院時(約1週間)には血糖コントロールのため使用していた薬剤の多くは中止、もしくは大幅に減量されます。

4. 生命予後と生活の質の改善

海外では、減量外科手術による生命予後の改善が示されており、日本でも同様の結果が期待されます。

初めて 受診する

紹介予約制 を原則としています。

診療科 を調べる

外来担当医表