東京都立 多摩総合医療センター 看護部

目指す看護がここにあります

緩和ケア認定看護師/Hiroe Tada

今の時間を大切に過ごす

私の緩和ケアの原点は、最期まで自分らしく生き抜いた肺がんの患者さんとの関わりです。亡くなる前日に「息切れ」ではなく「生き切れ」と書いたメモを見せてくれた患者さんと逃げずに向き合うことにより、「もう生きることができない」という患者さんの気持ちを知りました。その気持ちのつらさに寄り添うことで、患者さんと「今の時間を大切に過ごす」という目標を持つことができました。この経験が現在行っている退院支援やがん相談、緩和ケアチームでの患者さんやご家族への関わりで、患者さんの感じている様々な苦痛に向き合い、一緒に考えるという自分の姿勢に繋がっています。
緩和ケアは、病気によって生じる様々な苦痛に対して早期から対処し、QOLの維持、向上を目指すケアです。当院は地域がん診療連携拠点病院として、抗がん治療中の患者さんに対して、その治療と並行して緩和ケアを行うことに取り組んでいます。今後も患者さんのつらさに向き合い、その人らしく過ごせるような支援を目指したいと考えています。

糖尿病看護認定看護師/Tomoko Matsunaga

大切にしていることは、患者さんのお話をじっくり聴くこと。

糖尿病は慢性疾患です。ひとたび診断がつくと一生セルフケアを行っていかなければならず、生活自体が治療であるといっても過言ではありません。そんな糖尿病を抱えて暮らす患者さんとご家族のそばに寄り沿い力になりたい、そう思って認定看護師になりました。
私が糖尿病看護を行ううえで最も大切にしていることは、患者さんのお話をじっくり聴くことです。糖尿病に対する思いを語りたくなるような雰囲気を作り出し、語ってもらうことで患者さん自身が問題に気付き解決できるような支援を目指しています。
患者さんは糖尿病に立ち向かう力を心の底に秘めています。その力を引き出し、セルフケアの継続につなげることができるように日々努力しています。
当院では糖尿病医療チームが糖尿病講習会、糖尿病教室、フットケア、糖尿病透析予防指導などに取り組んでいます。私もチームの一員としてやりがいのある毎日を送っています。

がん化学療法看護認定看護師/Chiharu Ishida

その人らしさを支えられるような看護を実践していきたい。

私は、がん化学療法看護認定看護師の資格を取得し、外来化学療法センターで専従看護師として勤務しています。
主な活動内容は、(1)がん化学療法の安全な投与の支援・システムの構築、(2)薬剤の副作用へのケアおよび患者さんへの指導、(3)疾患や治療に対する不安を抱える患者さんやご家族へのサポート、(4)がん化学療法看護に関するスタッフへの指導及びコンサルテーションで、病院内を横断的に活動しています。
がん化学療法は身体的・精神的・社会的にも苦痛を伴うことが多く、長期間の治療を余儀なくされます。認定看護師として自分が持つ知識や技術、経験を生かして多くの患者さんと関わり継続して支援できることに、大きなやりがいを感じますし、スキルアップにもつながっています。患者さん、ご家族に寄り添い、ともに悩みながら、その人らしさを支えられるような看護を実践していきたいと考えています。

手術看護認定看護師/Kaori Ishii

スタッフの育成や環境整備を含めた手術看護の向上に
努めています。

手術室の看護師は何をしているの?ご存じない方も多いのではないでしょうか。手術室看護師は「手術時には患者さんに寄り添い、手術で起こる様々なリスクを最小限にすること」に取り組んでいます。
最近の手術は、高齢者や複数の合併症を持つハイリスク患者に対しても手術適応範囲が拡大しています。また、手術手技も内視鏡手術や複数の診療科と合同で行う長時間手術など高度化・複雑化しています。さらに手術は、外科医や麻酔科医、臨床工学技術士など様々な職種からなるチームで行われており、看護師もより高い専門性が求められています。私は手術看護認定看護師として、理論に基づいた知識や技術の提供ができ、スタッフの育成や環境整備を含めた手術看護の向上に努めています。
そして、なによりも患者さんが「手術」という大きな出来事を、安全に苦痛が少なく乗り越えていけるようサポートしていきたいと考えています。

がん性疼痛認定看護師/Masaki Kobayashi

全職員が充実したがん看護を提供できることを目標に
活動しています。

がん患者さんの全人的苦痛は、終末期だけでなくがんと診断された時から始まります。
がん患者さんがその人らしく過ごしていけるようなサポートを目指し、私はがん性疼痛看護認定看護師として、日々、全職員が充実したがん看護を提供できることを目標に活動しています。
病棟スタッフがチームとして一丸となり、苦痛に喘ぐがん患者さんを、一人の人間として尊重しながら、ご家族と共にサポートしています。そんな関わりが患者さんの笑顔につながった時に、仕事の充実感を感じ、それが仕事の原動力にもなっています。
一人で出来ることは限られているかもしれません。しかし、日々の看護実践の中で、スタッフ一人ひとりが成長しながら、がん患者さんやご家族を中心にしたチームとして目標に向かって進むことでそれが何倍にもなります。今後も、そんなチームを育成していけるように活動していきたいと考えています。

救急看護認定看護師/Hideki Hoshi

看護実践の場で皆さんに救急看護の奥深さや考える楽しさを伝えていきたい。

救急医療が必要な患者さんは、予期せぬ突然の発症・受傷に始まり、時や場所を選ばず発生します。その原因は外傷、熱傷、中毒、心疾患、脳卒中など多種多様です。看護師には救命処置から危機状況にある患者さんやそのご家族の精神的ケア、そして発症・受傷から社会復帰までを目標とした幅広い看護援助が必要です。限られた時間かつ少ない情報の中での迅速な判断力や、急激な状態変化に対応できる能力や技術はもちろんのこと、急変の徴候や患者さんの異常をいち早く察知できることが重要です。それらの能力向上や、身体的・精神的危機的状態にある患者さんやそのご家族に対し、皆が科学的根拠に基づいたケアを提供できるよう臨床現場や、院内研修、学習会などを通じて日々活動しています。看護実践の場で皆さんに救急看護の奥深さや考える楽しさを伝えていきたいと考えています。救急看護について一緒に考え、共に学んでいきましょう。

がん化学療法看護認定看護師/Jyunko Nishiguchi

勉強を積み重ねながら看護をすることに充実感を
感じています。

地域がん診療連携拠点病院である私たちの病院はがん看護に熱心な看護師が多くいます。そのような中でがん化学療法の視点からスタッフと共によい看護をしていきたいと思い、がん化学療法看護認定看護師となり2年目となりました。
化学療法分野は次々と新規薬剤や治療法が登場するため、医療の発展に身を置く者として研鑽が必要であり、毎日の勉強を積み重ねながら看護をすることに充実感を感じています。
抗がん剤治療は過酷な治療であり、患者さんを支援するためにたくさんの力が必要です。当院は医師や薬剤師、医療連携等多くの職種と協力し合える環境です。
現在、私は外来化学療法センターに所属し、化学療法の厳しさばかりでなく、患者さんにもたらす効果も実感しています。看護師として効果を最大限に、苦痛を最小限にすることを目標に、日々の投与管理、がん相談支援センターにおける相談業務等に取り組んでいます。

皮膚・排泄ケア認定看護師/Akiko Katsuta

患者さんの「生」を支える。

私の原点は、ストーマを造設後の管理に苦しんでいる患者さんに出会ったことでした。ストーマからの漏れにより外出すらままならない状態を目の当たりにして、排泄障害を抱えることが日常生活だけでなく精神的にも影響が大きいと気づかされ、同様に苦しんでいる患者さんのお役に立ちたいと思いました。ストーマ管理は、排泄という基本的欲求の中の1つであり、生きることそのものです。患者さん自身がセルフケアを確立し、安心して生活できるように援助させていただくことは、患者さんの生きることを支えることだと思っています。
皮膚・排泄ケアの領域は、患者の日常生活の密接しており、看護の基本となることが多くあります。プライバシーに関わることも多く、なかなか患者さんの抱えた問題が顕在化されてこないこともありますが、1人でも多くの方に関わり、生活の質を上げる取り組みをしていきたいと考えています。
現在は、院内の褥瘡やストーマ看護等のケアの向上、チーム医療の拡大と充実に向けて、認定看護師間での連携、他職種との協働も図り、相談対応をしています。
今後は、高齢化の進行と、在宅医療が推進されて周辺医療機関、地域医療との連携と共に、在宅への訪問等、充実が求められてきます。在宅医療にも対応できるように目を向けて、課題の解決をしていけるよう取り組んでいきます。

集中ケア認定看護師/Hideki Sato

集中ケアの楽しさを伝えていくために。

NST(栄養サポートチーム)の活動の中で、重症患者の治療に携わり全身及び栄養状態の改善ができず無力感を感じた場面が何度かありました。「重症患者の体の中はどのような変化がおきているのだろう?」「もっと自分に知識・技術があれば患者さんにできる看護が増える!」と感じ、クリティカルケア看護にのめり込みました。一つの変化に囚われるのではなく、そこから何が起こっているのか、多角的な視点から状況判断を行い、科学的根拠に基づいた適切な方法やタイミングでのケアが実践できるようになりたいと思い、集中ケア認定看護師の資格を取得しました。
在籍する2名の集中ケア認定看護師や病棟看護師と共に、患者に適した侵襲の少ない看護を実践し、その成果を分かち合えるような活動を実施しています。
また、NST専門療法士としても病棟ラウンドを行い、重症化が予測される患者の抽出や重症患者が少しでも食事摂取の楽しみを持てるよう、各メディカルスタッフと協働しチーム医療の提供に努めています。
一人でも多くのスタッフに集中ケアの楽しさを伝え、活用してもらえるリソースナースを目指していきたいと思います。

糖尿病看護認定看護師/Akiyo Kitajima

糖尿病看護の質の向上を目指しています。

私は、糖尿病専門医のもとで糖尿病看護を学びたいと思い、多摩総合医療センターに就職しました。糖尿病教室を担当もさせていただくようになりましたが、患者さんからの質問にすぐに答えられない自分にもどかしさがあり、入職して2年目に日本糖尿病療養指導士の資格を取得しました。病棟スタッフにも糖尿病看護を知ってもらうため、勉強会を開催したり、病棟での活動を看護研究で発表をしていく中で、病棟内だけでなく、院内全体の糖尿病看護の質の向上をしていきたいと思うようになりました。そのためには、まず自分自身のスキルアップをしていく必要性を感じ、糖尿病看護認定看護師の資格を取得しました。認定看護師になってからは、一生涯糖尿病という病気を持ち、生活をしながら治療を続ける患者さんの気持ちを理解し、患者さん自身の気づきを支えていくことで、患者さん自身の本来の力が引き出されていくことを改めて実感しています。また糖尿病看護認定看護師としての活動は少しずつ認知され、先輩の認定看護師とともに他の病棟や医師からも相談を受けるようになってきていますが、糖尿病看護認定看護師としてさらに活用してもらえるように活動の場を広げていきたいと思います。

皮膚・排泄ケア認定看護師/Ami Koyama

看護師だからこそできる、
人に寄り添ったケアを提供していきたい。

私が初めて認定看護師への道を意識したのは、まだ卒後2年目の頃でした。トラブルを抱えるストーマ保有患者さんと関わった際、良いケアができずに思い悩むことが多々ありました。そんな最中、皮膚・排泄ケア認定看護師の関わりでトラブルが快方に向かい日々笑顔になっていく患者さんを見て、感動したことを今でも鮮明に覚えています。その後看護師を続けていく中で、苦しむ患者さんを笑顔にするためには、たくさんの看護師へこの分野の楽しさややりがいを広めていくことではないかと考えました。それには根拠に基づいた専門的な知識・技術を身につけることが必要であると考え認定看護師への道を選ぶことを決心しました。
皮膚・排泄ケアの分野は皮膚のトラブルや排泄に関わるケアの専門家です。排泄は人間の基本的ニーズであり、身体の機能低下や社会生活を制限する排泄障害に対して苦痛を取り除き、尊厳を保ち、生きる意欲や人間らしさを取り戻すためのケアを目的としています。
様々な病気や事故によってストーマの造設をした人が、造設前に限りなく近い日常生活を送れるようなケアを行うためのサポートや、褥そう(床ずれ)・創傷・慢性潰瘍など皮膚のトラブルだけでなく失禁などあらゆる排泄ケアへのサポートも行います。また、この分野のケアは、羞恥心やプライバシーに深く関わります。だからこそ局所(ストーマや創傷など)だけを見るのではなく、その人の生活全体を捉え看護師だからこそできる、その人に寄り添ったケアの提供をしていきたいです。

集中ケア認定看護師/Shinnosuke Ueki

看護を科学的に理解し、患者さんやご家族に質の高いケアを提供したい!

ICUに配属された当時、生命維持装置を装着した重症な患者さんを看護することになり、沢山の書籍を読み勉強した記憶があります。しかし、臨床現場では書籍だけでは分からないことも多く、集中ケア認定看護師に人工呼吸器のモードや人工呼吸器管理だけでなく、動脈圧波形から予測できることや、補助循環装置を装着した患者さんの看護など多くのことを分かり易く教わりました。また、ひとつの現象に囚われるのではなく多角的な視点から物事を考えることを学びました。集中ケア認定看護師が展開する看護を目の当たりにし、私もこのような看護を実践したい思い、認定看護師派遣研修制度により集中ケア認定看護師の資格を取得しました。
認定看護師教育課程では、重症患者を多角的視点で捉えられるよう、脳・呼吸・循環・栄養・代謝など多くのことを学びました。科学的根拠に基づく知識や技術をスタッフと共有し、他の認定看護師や医師、コメディカルと協働しながら、患者さんやご家族に質の高いケアが提供できるよう日々考え充実した看護を実践しています。

救急看護認定看護師/Kumiko Kawasaki

もし、突然あなたの周りの大切な人が救急事態に陥ったら...。

救急看護は、発症場所を問わず全ての年層が対象となり、疾病、外傷、災害などその専門領域は多岐に渡ります。より質の高い救急医療を行うためには、救急看護はその幅広い専門性に応えなければなりません。救命処置や集中ケアを必要とする患者さんやそのご家族への精神的サポートなどを根拠立てて提供できるよう、私たちは常に新しい経験や知識を積み重ね、学び続けていく必要があります。共に頑張って行きましょう。

精神科看護認定看護師/Yoshihiro Nishiura

精神的支援の充実を図りたい

平成24年度、当院の精神科リエゾンチームが設立し、チームメンバーの一員として活動しています。リエゾン依頼の多くはせん妄対応ですが、一般病棟の看護師も、せん妄に対する正しい知識と技術を身につけていく必要があります。そのために、リエゾンチームの回診で看護師へアドバイスを行い、勉強会を開催するなど、患者さんが充実した精神的支援を受けやすいよう取り組んでいます。
今後は、せん妄対応だけではなく、統合失調症やうつ病などの精神疾患、様々な疾患で精神的に苦痛を感じている患者さんへの支援が必要だと考えます。身体的な治療を円滑に行えるように、精神的支援の充実を目指し取り組んでいきたいと思います。

感染管理認定看護師/Yuki Uenoyama

「感染をしない、させない、拡げない」をモットーに活動しています。

感染管理活動は、患者さんだけでなく病院に関わるすべての人々が対象となります。患者さんが安全に療養生活を送れること、またスタッフには安心して働ける職場環境になることを目指し日々活動をさせていただいています。そのためには日頃から感染予防に対する意識付けや、行動を習慣として根付かせることが大切です。そのことをしっかりと伝えていくためにも、笑顔でコミュニケーションを良好に活動することが大事だと考えています。
感染管理認定看護師として活動を行うことで、スタッフが「わかっている」から「実践(行動)できる」に行動変容してもらうことが、私の仕事だと感じています。
「多摩総合医療センターの感染対策は万全だね」と言われるよう、他職種の方々と力を合わせて楽しく、前向きに一歩ずつ皆さんと成長していきたいです。

乳がん看護認定看護師/Kyoko Ikeda

患者さんや家族の苦しみに気がつき、支えたい

乳がんは他のがんに比べて発症年齢が若いため、結婚や妊娠・出産、子育てや親の介護、仕事など、ライフサイクルに及ぼす影響が大きいです。悩みや不安を抱えていてもひとりで頑張っている患者さんが多く、また、家族も患者さんをどのようにサポートしたらよいのかと悩みを抱えています。
私は患者さんや家族の苦しみに気づき、力になりたいと思い、専門的知識・技術を習得するために乳がん看護認定看護師を目指しました。
乳がん看護認定看護師は、患者さんと家族の治療に伴う身体的・心理的・社会的サポートはもちろん、治療選択やボディイメージの変容に関わるケア、術後のリンパ浮腫の予防のためのアドバイスを行います。
患者さんや家族の苦しみを和らげ、乳がんに罹患しても安心して生活が送れるように、多職種と連携して支援していきたいと思っています。

乳がん看護認定看護師/Yumi Nakane

乳がんになっても自分らしい人生をあきらめないで

乳がんは年々罹患者数が増加しており、発症年齢も40代後半から50代半ばの世代に多く、患者さんは仕事、家事、介護、育児など多くの役割を担っています。患者さんは乳がんの診断によって、心理的に大きな衝撃を受けるだけでなく、複数ある治療の選択で悩み、また手術による乳房の喪失感やボディイメージの変容を抱えていることがあります。以前、乳房再建によって自分を取り戻し、輝く笑顔を見せてくれた方がいました。自分らしさを取り戻した患者さんの強さを感じ、自分の納得のいく選択が重要なのだと教えてもらいました。乳がんの治療では、手術だけではなく、外来通院での薬物療法や放射線療法が行われます。社会には乳がんに関する情報が溢れ、患者さんの意思決定に影響します。患者さんが「乳がんになったから仕方ない」ではなく、「これでいい」と思えるように、患者さんの意思決定を支援し、患者さんの未来を実現できるよう治療過程の支援が大切だと考えています。乳がん患者さんが自分らしい人生をあきらめないですむように、外来から病棟へ、そして病棟から外来・外来治療部門と、途切れることのない支援を目指していきたいと思います。

急性・重症患者看護専門看護師/Akiko Inoue

ここで「よかった」と思われる、思える看護を皆で作っていきたい。

クリティカルケア看護と聞くと、ICUや救命救急センターなど集中学的治療を専門とする場に必要な看護だと思っていませんか?クリティカルケア看護は、治療・療養の場・病期や病態を問わず、急激な生命の危機状態にある全ての人が対象です。
クリティカルにある患者さんやご家族は、身体的にも精神的にも高いストレス状態にあり、それはスタッフも同様です。そのような中で、私は患者さんやご家族の思いに耳を傾け、患者さんの尊厳が守られるように、そしてチームの一員として支え合える存在になれるように日々の看護に取り組んでいます。
専門看護師には6つの役割があります。私はその役割を通して、患者さんやご家族が「ここに来てよかった」と、スタッフが「ここで働いてよかった」と思えるような看護を皆で作り上げていきたいと思っています。

精神看護専門看護師/Junko kurihara

チーム医療を「つなぐ」こころのケアをめざしています。

人は、病気や障害を持つ事で、気分が落ちこんで自分の気持ちを上手く話せなくなったり、多くの疲労やストレスを感じて食事や睡眠がとれなくなったりすることがあります。精神看護専門看護師は、解決が難しい健康問題を抱えた方に対して、精神看護分野の知識や、アセスメントによって、リラクゼーション、カウンセリング、認知行動療法などの技術を用いながら患者さんやご家族のお気持ちに寄り添った心のケアを提供します。
また、ケアの場面に応じたコミュニケーション技法を活用することで、ケアが患者さんにとってより効果的になるように看護チームと一緒になって考えていきます。看護師のメンタルヘルスサポートや、医療スタッフに対するコンサルテーション活動や地域支援活動にも貢献します。
ケアを受ける患者さんやご家族、ケアを提供する医療スタッフ、双方の様々な心の動きに向きあい、多職種と意見交換をしながら解決の糸口を見つけていきたいです。

がん放射線療法看護認定看護師/Hiroko Fujiki

患者さんが安心して治療を受けられるよう、放射線治療の知識と技術の普及を目指しています。

がんに対する情報の普及とともにより良い治療成績と治療後のQOLへの期待が高まり、放射線治療を実施するがん患者さんも増加しています。放射線治療患者を担当する看護師は、治療効果、副作用対策の向上およびメンタルケアの充実など専門的かつ広範な知識が要求されます。患者さんが安心して適切な治療を受けられるよう、放射線看護の窓口として放射線治療の知識と技術の普及を目指しています。
放射線治療は長い治療過程にあり、週5日通院し治療を受けます。患者さんがつらいときに本音や弱音を吐ける場所があること、弱い自分を受け止めてくれる人がいることは、患者さんの大きな助けとなります。患者さんの気持ちの揺れに寄り添いながら、放射線治療が完遂できるよう支援して行きたいと考えています。