東京都立 多摩総合医療センター 看護部

看護師のお話 - 多摩総合医療センターで働く看護師から色んなお話をお聞きしました。

10S病棟 副看護師長/Reiko Hara
10S病棟 副看護師長/Reiko Hara

都立病院は研修体制も万全です。

私は看護師になってすぐに都立病院に就職しました。今では都立病院を選んで本当に良かったと思っています。その理由の1つが、研修体制です。新人から3年目までは、ほぼ毎月の研修で看護の基礎をしっかり学ぶことができます。4年目以降も、その年代や経験に合わせた研修を受けることができ、日々変化する医療に携わる専門職としての知識・技術・態度を常に磨き続けることができます。
そしてもう1つ、看護師は患者さんの最も身近な存在です。昼夜を問わず笑顔でイキイキと接するために、まず自分の体調を整えることが重要です。都立病院の勤務体制は無理がなく、結婚や出産などあらゆるライフスタイルにも対応できます。
緑豊かな多摩総合医療センターで皆さんと一緒に働けることを楽しみにしています。

東京看護アカデミー
東京で看護師のスキルアップを目指すなら都立病院で!東京都では臨床にいながら看護師のキャリア発達を組織的に支援する研修体系を御用意しています。都立病院では経験者採用や再就職支援も積極的に行っています。
www.byouin.metro.tokyo.jp/kango/kango_academy

助産師/Serika Chiba
助産師/Serika Chiba

「ありがとう。」と声をかけて
もらえる度、助産師になって
良かったと実感しています。

祖母が助産師をしており自然と助産師という仕事に興味をもち看護学校に進学しました。母性実習で産婦さんと関わる中、何も出来ない自分がいて看護師経験を積んで助産師を目指そうと思いました。看護師経験を積み、自分の出産を機に助産師になりたいという思いが更に強くなりましたが、子どもを抱えながらの学生生活を考えると一歩を踏み出す勇気がありませんでした。
そんな時、私にチャンスをくれたのが「助産師資格取得支援制度」でした。学校卒業後病棟にもどり助産師として働いています。もちろん楽しいことばかりではありませんが、お母さんから笑顔でありがとうと声をかけてもらえる度、やっぱり助産師になって良かったと実感しています。

10S病棟勤務/Risa Miyawaki
10S病棟勤務/Risa Miyawaki

休日も仕事もバランス良く。
どちらも大切な時間です。

私は「良い看護を提供するためには自分が幸せで、心身ともに健康でいることが大切!」と先輩から教わりました。仕事中は常に緊張と責任感で、余裕がなく疲れてしまうことがありますが、休日は気持ちを切り替えられるよう、旅行に行ったりしてリフレッシュしています。
また同期と都合が合う日には、仕事帰りに食事に行き、お互いの学んだことや状況を話しています。みんなと話すことで仕事へのモチベーションにもつながり、それが毎日の活力となっています。

6S病棟勤務/Yoshimi Ohwada
6S病棟勤務/Yoshimi Ohwada

子育てと仕事の両立。
すごく大変だけど、充実してます。

子育てと仕事の両立、子供が小さい時は覚えていないくらい忙しく大変でした。でも子育てをしていて得られること、仕事をして得られること沢山あります。両立することでその得たことをそれぞれに活かせることができ、今は毎日充実した日々を送っています。
私の休日は、子供の野球の試合へ行き声が嗄れるまで応援しています。これがストレス発散になります。そして娘と2人でお茶をしに行きます。スイーツを食べながら女子トークで盛り上がっています。そんな休日を送ることで子供達からパワーをもらい仕事への活力にしています。

MFICU勤務/Rira Hijikata
MFICU勤務/Rira Hijikata

先輩方の細やかな指導と精神的なサポートで安心して働けます。

助産師としてMFICUに配属されて半年が経ちました。初めは実習で経験していない、合併症を持ったハイリスクの妊産褥婦さんのケアに戸惑うことも多く、会話をして対象の方のニーズを考える余裕もありませんでした。しかし、メンターや先輩方の細やかな指導と精神的なサポートもあり、ニーズを考えたり、不安を傾聴することもできるようになり、妊産褥婦さんに名前を覚えて頂いたり、ありがとうと声かけて頂けるようになりました。そして、今月から分娩介助も始まりました。新しく学ぶこと、経験することを吸収していき、助産師として成長を続けたいと思います。

5N病棟勤務 副看護師長/Rie Shirakawa
5N病棟勤務 副看護師長/Rie Shirakawa

東京都立の病院は研修制度が充実、勤務体制にも無理がありません。

私が東京都に就職した理由は、研修制度が充実しており学びが多いと思ったからです。新人から3年目までは、院内研修や臨床の場で看護の基礎をしっかり学ぶことが出来ます。4年目以降も、自分の目標に向かって、専門的な知識・技術を学ぶための研修体制がありスキルアップを図ることが可能です。私自身、感染管理のエキスパート研修を受講し自己研鑽に努めています。
また、都立病院の勤務体制は無理がなく、結婚や出産などあらゆるライフスタイルにも対応できます。夏季休暇も5日間あり、私はそれに週休を合わせて海外旅行に行っています。仕事もプライベートも充実できる体制が整っていることが、東京都の魅力です。

8N病棟勤務/Yuichiro Nakatomi
8N病棟勤務/Yuichiro Nakatomi

看護師の仕事が子育てにも活かせる事がたくさんあります。

初めての子育ては分からないことの連続でした。初めのうちはこれでいいのかなと、とまどいながら子供に接していることも多く、大変でした。しかし、子育てをする中で得られることは多く、看護師として仕事をする中で、子育てに活かせることもたくさんあり、自分の中で、仕事と子育ては関わって成り立っているものだと思います。
 仕事で不規則な勤務の中でもなるべく、子供に関われるよう、夜勤の出勤前や夜勤を終えて帰宅した後でも、子供と公園に遊びに出かけたりしています。また、休日には子供の好きなキャラクターのショーやテーマパークに出かけ、楽しそうにしている子供を見ることで、自分もうれしくなります。また明日から仕事を頑張ろうと思えます。子供の笑顔を見ることが自分の仕事への活力になっています。