メニューを開く 予約電話 代表電話

東京都立多摩総合医療センター

〒183-8524 東京都府中市武蔵台2-8-29

緩和ケアチーム

病気と診断された時から、患者さんとご家族のために緩和ケアチームは存在します。

緩和ケアとは、病気と診断された時から全ての過程を通して出現する身体やこころのつらさを少しでも和らげ、可能な限り患者の皆様やご家族の生活の質(クォリティオブライフ)を維持、向上していくケアです。

緩和ケアは終末期医療のみの医療ではなく疾患の告知から始まる全ての過程を通して提供されるケアであり、多くの職種が集まった緩和ケアチームと、主治医や病棟看護師が力を合わせケアにあたります。

緩和ケアチームメンバーのイラスト

緩和ケアチームの診療を希望される方へ
主治医、病棟看護師に緩和ケアチームの診療についてご相談ください。

医師

内科・泌尿器科・精神神経科・麻酔科・放射線科の医師が、痛みや、吐き気、不眠、気分の落ち込み等のつらい症状を緩和します。

看護師(がん性疼痛看護認定看護師、緩和ケア認定看護師等)

身体に出現している症状や、これからの療養生活への不安、ご家族が抱えている悩み等の、多方面にわたるつらさが緩和できるようサポートしていきます。

薬剤師(緩和薬物療法認定薬剤師等)

患者さんのお体の状態に合わせて、お薬の効果を最大限に引き出せる使い方を提案します。また、飲み合わせのチェックや、副作用の予防などにより、安心してお薬を使っていただけるようサポートしていきます。

医療ソーシャルワーカー

患者さんやご家族が、療養生活上でお困りになっていること、心配していることについて、解決のお手伝いをいたします。(例:介護、福祉制度、医療費・生活費、ホスピス、セカンドオピニオン、家族のことなど)

臨床心理士

患者さんと、ご家族が抱えている不安や葛藤に耳を傾け、穏やかな時間を過ごせるようサポートしていきます。

管理栄養士

食欲がない時や、栄養摂取に関する疑問等に対応するとともに、食べることの楽しさや喜びを感じてもらえるよう食に関してサポートしていきます。

初めて 受診する

紹介予約制 を原則としています。

診療科 を調べる

外来担当医表