メニューを開く 予約電話 代表電話

東京都立多摩総合医療センター

〒183-8524 東京都府中市武蔵台2-8-29

外来化学療法センター

診療内容・特色

写真:外来化学療法センタースタッフ

当センターは化学療法:27床ならびに関連する輸液療法、輸血療法:4床で治療を行います。化学療法のレジメンはがん化学療法検討部会において安全性と有効性が確認・登録されたものです。がん化学療法は危険性を伴う治療のため、レジメンの種類・患者確認・薬剤の種類・量・投与順などはコンピューター管理化され、ヒューマンエラーに備えたシステムとしています。

治療室は電動式リクライニングベッド、観葉植物、BGMなどリラックスして治療を受けられるような環境作りに配慮し、治療上の不安に対しては医師のほか、看護師(有害事象の説明とその対応方法など)、薬剤師(薬剤の作用機序や有害事象の説明など)がそれぞれの視点からサポートしています。夜間の副作用に対してはERを窓口に担当診療科が対応します。

主な医療設備

外来化学療法センターには、リクライニングチェア25床、ベッド2床の合計27床、および面談用のコンサルテーションルームがあります。それぞれのベッドリクライニング式でナースコールが備わっており、患者さんは音楽や絵などを楽しみながらリラックスして治療を受けられる環境づくりを心がけています。ご飲食も可能です。

スタッフ紹介

外来化学療法センターには、以下のスタッフが日々従事しています。
常駐医師:(当番制)1名、看護師:7~10名(うち専従2名)、薬剤師1名

 
常駐医師 (当番制)1名
看護師 7~10名(うち専従2名)
薬剤師 1名(随時薬剤説明)

治療ベッド

  • 写真:リクライニングチェア
  • 写真:リクライニングチェア
  • 写真:ベッド
  • 写真:コンサルティングルーム
    患者さんの日常生活指導や相談に対応するために、コンサルティングルームを設けています。
  • 写真:点滴中も歩いていけるトイレ
    点滴中でも、体勢を変えたり、トイレにも歩いていくことができます。
見取り図
外来化学療法センター内見取り図

治療の流れ

  • 5番 受付
    写真:再来受付機

    再来受付機で受付をします。

  • 治療前検査

    血液検査やレントゲンなどの検査があります。

    • 血液検査は、結果が出るまでに1時 間ほどかかります。
各診療科外来にて
  • 問診票記入
    写真:外来受付

    外来受付に声をおかけください。
    緑の問診票に体調の記入をします。血圧を測定して受付に提出してください。

  • 看護師・医師による問診、診察
    写真:看護師による問診の様子

    看護師が体調のチェックをします。
    医師が診察をします。体調の検査の結果により、治療の最終決定をします。

外来化学療法センターにて
  • 14番 外来化学療法センター受付
    写真:患者確認のためのリストバンド

    医師から渡されたファイルを受付にお出しください。順番にお名前をお呼びします。
    患者確認のため、リストバンドをつけます。

  • 治療
    写真:点滴の様子

    薬剤科でお薬の調製をしています。間違いがないか確認し、点滴を行います。
    治療中の日常生活の相談について対応します。
    治療中、体調が悪くなったときは我慢せず看護師にお知らせください。
    初回治療時は薬剤師が薬剤説明を行います。

会計・お薬受け取り

治療件数

24年度(人) 25年度(人) 26年度(人) 27年度(人)
外科・乳腺外科 3,768 4,013 4,210 4,523
呼吸器内科 432 471 782 817
呼吸器外科 350 317 327 327
内科 587 570 540 693
血液内科 259 429 329 268
リウマチ 膠原病科 760 824 604 483
婦人科 604 596 718 813
泌尿器科 361 409 340 250
皮膚科 18 8 15 46
合計 7,139 7,637 7,865 8,220

クオリティ・インディケーター(Quality indicator)

2013 2014
薬剤の血管外漏出率 0/7980 1/7153
0% 0.014%

初めて 受診する

紹介予約制 を原則としています。

診療科 を調べる

外来担当医表