平成28年度 多摩総合医療センター 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞のICD10別患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 - 205 576 856 1500 1866 3633 4618 3258 469
平成28年度における退院患者さんの人数を、10歳刻みの年齢階級別に集計しています。
当院の入院患者さんは、60歳以上の占める割合が全体の70.5%、80歳以上が21.9%と、比較的ご高齢の患者さんが多くを占めていますが
患者さんの数としては、10歳代から50歳代の方の合計数も約5,000人に上るなど、幅広い年代の患者さんが日々来院しています。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
総合内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 手術なし 副傷病なし 113 9.83 12.43 33.63 69.23
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 43 11.07 21.25 58.14 83.07
161060xx99x0xx 詳細不明の損傷等 手術なし 手術・処置等2なし 34 1.68 4.19 0.00 38.82
080011xx99xxxx 急性膿皮症 手術なし 29 9.10 11.97 27.59 67.24
100380xxxxxxxx 体液量減少症 29 4.76 9.33 62.07 79.10
総合内科はどこの診療科にも属さない一般的な内科疾患を診る科で、上記のように感染症、特に尿路感染症、肺炎(誤嚥性肺炎含む)、蜂窩織炎、電解質異常などを多く診療していますす。ERから救急で入院してくるケースが多く、夜間休日など一般の病院で受けることが難しいケースをまずはできるだけ受けて、まずは1泊して頂きその後状況に合わせて後方医療機関と協力して診療にあたっております。
外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
090010xx03x0xx 乳房の悪性腫瘍 乳腺悪性腫瘍手術 乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴わないもの) 手術・処置等2なし 158 3.86 6.59 0.00 61.90
060035xx01000x 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 結腸切除術 全切除、亜全切除又は悪性腫瘍手術等 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 155 14.27 15.92 1.29 69.92
060020xx04x0xx 胃の悪性腫瘍 内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術 手術・処置等2なし 109 8.38 9.02 0.00 71.76
060020xx02x0xx 胃の悪性腫瘍 胃切除術 悪性腫瘍手術等 手術・処置等2なし 85 17.26 17.65 1.18 69.05
060210xx99000x ヘルニアの記載のない腸閉塞 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 70 7.37 9.08 7.14 69.76
乳癌手術は全国有数の症例を誇り,乳房温存治療だけでなく、形成外科と合同で乳房再建なども積極的に行っております。
胃癌、大腸癌の腹腔鏡手術施行率は67%で、その他胆石だけでなく、肝胆膵悪性腫瘍に対しても腹腔鏡下手術を導入しています。
胃癌、大腸癌の内視鏡治療は、東京都がん検診センターからの紹介です。
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
07040xxx01xxxx 股関節骨頭壊死、股関節症(変形性を含む。) 人工関節再置換術等 106 22.63 24.42 26.42 68.64
160800xx01xxxx 股関節大腿近位骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等 96 27.75 27.63 75.00 79.97
070230xx01xxxx 膝関節症(変形性を含む。) 人工関節再置換術等 86 24.05 26.26 39.53 76.27
160760xx97xx0x 前腕の骨折 手術あり 副傷病なし 47 5.45 5.49 2.13 56.66
180040xx97x0xx 手術・処置等の合併症 その他の手術あり 手術・処置等2なし 27 31.44 15.58 18.52 74.89
人工股関節や人工膝関節の手術に力をいれています。入院サポートセンターで万全の準備を行います。自宅退院することが多いですが、事情によっては回復期リハビリテーション病院に転院することもあります。
四肢の外傷手術は、合併症のある人は専門各科の協力を得ながら、早期に手術とリハビリテーションを行います。
大腿骨近位部骨折に対しては早期手術と、リハビリテーションのため転院を推進しています。
形成外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
090010xx02x0xx 乳房の悪性腫瘍 乳腺悪性腫瘍手術 単純乳房切除術(乳腺全摘術)等 手術・処置等2なし 36 9.97 10.30 0.00 48.08
090010xx05xxxx 乳房の悪性腫瘍 組織拡張器による再建手術(一連につき) 乳房(再建手術)の場合等 30 7.20 7.91 0.00 49.67
070010xx010x0x 骨軟部の良性腫瘍(脊椎脊髄を除く。) 四肢・躯幹軟部腫瘍摘出術等 手術・処置等1なし 副傷病なし 16 4.31 5.94 0.00 48.13
080006xx01x0xx 皮膚の悪性腫瘍(黒色腫以外) 皮膚悪性腫瘍切除術等 手術・処置等2なし 10 4.90 8.78 0.00 73.50
160200xx0200xx 顔面損傷(口腔、咽頭損傷を含む。) 鼻骨骨折整復固定術等 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 10 5.40 5.80 0.00 32.80
乳房再建は乳腺外科と共同で治療をおこない。自家組織を用いる皮弁による再建やインプラントを用いる再建を行っています。
皮膚悪性腫瘍では積極的に皮弁術を用いた再建術を行うことで機能面のみならず整容面に考慮した手術を行っております。
頭頚部癌切除後の再建は歯科口腔外科、頭頸部科。耳鼻科と連携し、遊離皮弁を用いた再建術を行っております。
脳神経外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010060x2990401 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等24あり 副傷病なし発症前Rankin Scale 0、1又は2 105 9.39 16.54 33.33 69.30
010040x099x00x 非外傷性頭蓋内血腫(非外傷性硬膜下血腫以外)(JCS10未満) 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 80 5.68 19.35 81.25 67.86
160100xx99x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 75 4.77 7.52 25.33 64.12
010050xx02x00x 非外傷性硬膜下血腫 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術等 手術・処置等2なし 副傷病なし 69 2.61 11.83 15.94 76.86
010030xx9910xx 未破裂脳動脈瘤 手術なし 手術・処置等1あり 手術・処置等2なし 56 2.48 3.20 0.00 62.04
当院では脳梗塞や脳出血などの脳卒中の救急患者さんが多くなっています。急性期の病状が安定したと判断されたら、周辺の連携病院に転院していただき治療・リハビリを継続しています。当院と連携病院との間での役割分担が明確になっており、平均在院日数がかなり短くなっているのが特徴です。
呼吸器外科(胸部外科)
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040040xx97x0xx 肺の悪性腫瘍 手術あり 手術・処置等2なし 90 11.84 12.73 0.00 67.96
040200xx01x00x 気胸 肺切除術等 手術・処置等2なし 副傷病なし 39 8.97 10.09 0.00 27.18
040040xx99000x 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 30 14.87 14.83 13.33 76.50
040040xx9908xx 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等28あり 28 14.43 12.01 3.57 70.50
040040xx9910xx 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1あり 手術・処置等2なし 23 3.96 3.68 4.35 73.57
肺癌の手術症例が最も多く、次に自然気胸が続いています。また肺癌の再発に対する抗癌剤や放射線治療も当科で一貫して行っています。
心臓血管外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050070xx01x10x 頻脈性不整脈 経皮的カテーテル心筋焼灼術 手術・処置等2あり 副傷病なし 66 11.20 8.90 0.00 64.59
050070xx9701xx 頻脈性不整脈 その他の手術あり 手術・処置等1なし、1,3あり 手術・処置等2あり 31 11.65 30.39 0.00 72.29
050080xx01010x 弁膜症(連合弁膜症を含む。) ロス手術(自己肺動脈弁組織による大動脈基部置換術)等 手術・処置等1なし 手術・処置等21あり 副傷病なし 25 25.56 24.70 4.00 69.92
050050xx0101xx 狭心症、慢性虚血性心疾患 心室瘤切除術(梗塞切除を含む。) 単独のもの等 手術・処置等1なし 手術・処置等21あり 10 25.40 23.36 0.00 66.50
050070xx99000x 頻脈性不整脈 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし - - 7.82 - -
緊急手術を含め通常の心臓外科手術治療により多摩地区の地域医療に貢献するとともに、日本最大の経験数を誇る低侵襲心房細動手術によって全国各地の患者を引き受け、特色のある心臓血管外科手術治療も行っている。
産婦人科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
120060xx01xxxx 子宮の良性腫瘍 子宮全摘術等 91 10.91 10.05 0.00 48.05
12002xxx99x40x 子宮頸・体部の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等24あり 副傷病なし 90 4.21 5.12 0.00 62.51
12002xxx01x0xx 子宮頸・体部の悪性腫瘍 子宮悪性腫瘍手術等 手術・処置等2なし 81 12.48 13.29 0.00 58.80
120170xx99x0xx 早産、切迫早産 手術なし 手術・処置等2なし 76 22.93 20.79 17.11 30.97
120070xx01xxxx 卵巣の良性腫瘍 卵巣部分切除術(腟式を含む。) 開腹によるもの等 68 11.07 10.36 1.47 46.93
当院は日本婦人科腫瘍学会専門医研修施設および日本周産期・新生児医学会専門医研修施設に指定されています。そのため婦人科・産科の高度医療を提供しております。
子宮良性腫瘍、卵巣良性腫瘍については開腹術に加え腹腔鏡下手術を積極的に施行しています。
子宮頸癌、体癌の場合病変部が明らかな場合は最初から根治手術を行いますが、確定診断として円錐切除/子宮内膜掻爬術を施行してから根治的手術を行うことも多いです。
産科については合併症妊娠や 超極小未熟児の分娩等を扱っています。
眼科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
020150xx97xxxx 斜視(外傷性・癒着性を除く。) 手術あり 27 2.33 3.36 0.00 47.74
020110xx97xxx0 白内障、水晶体の疾患 手術あり片眼 14 4.64 2.91 14.29 76.43
020160xx97xxx0 網膜剥離 手術あり片眼 12 5.58 10.53 0.00 58.33
020230xx97x0xx 眼瞼下垂 手術あり 手術・処置等2なし 10 2.40 3.44 0.00 72.00
020320xx97xxxx 眼瞼、涙器、眼窩の疾患 手術あり - - 3.46 - -
白内障手術は入院の場合は大半が短期滞在手術で施行され、DPC症例は少ない。
耳鼻咽喉科・頭頸部外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
030350xxxxxxxx 慢性副鼻腔炎 140 5.28 7.47 0.00 54.36
030150xx97xxxx 耳・鼻・口腔・咽頭・大唾液腺の腫瘍 手術あり 62 5.32 7.75 0.00 59.00
030230xxxxxxxx 扁桃、アデノイドの慢性疾患 53 7.96 8.12 0.00 35.40
03001xxx99x3xx 頭頸部悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等23あり 37 13.22 37.93 0.00 61.41
100020xx01x0xx 甲状腺の悪性腫瘍 甲状腺悪性腫瘍手術 切除等 手術・処置等2なし 37 7.19 9.27 0.00 54.89
当科での入院患者数は、慢性副鼻腔炎や扁桃の炎症疾患が多くなっていますが、頭頸部領域の疾患は幅広くあり、特に頭頸部癌や甲状腺癌などの悪性腫瘍も行っています。また、副鼻腔炎に対する内視鏡手術は、術後の処置が不要になるように工夫しており術後入院期間の短縮に努めています。
リハビリテーション科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
07040xxx01xxxx 股関節骨頭壊死、股関節症(変形性を含む。) 人工関節再置換術等 49 21.52 24.42 20.41 67.41
071030xx97xxxx その他の筋骨格系・結合組織の疾患 手術あり - - 20.65 - -
040190xx99xxxx 胸水、胸膜の疾患(その他) 手術なし - - 16.85 - -
070230xx01xxxx 膝関節症(変形性を含む。) 人工関節再置換術等 - - 26.26 - -
- - - - - - -
リハビリ科では主に当院入院中の患者を対象に訓練を行っています。
脳血管障害や骨折術後等訓練に少し時間が必要な患者は回復期リハビリテーション病院に転院し訓練を継続します。人工関節術後患者は直接自宅退院かリハビリ科で1-2週間の訓練を経て自宅退院することになっています。
皮膚科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
080006xx01x0xx 皮膚の悪性腫瘍(黒色腫以外) 皮膚悪性腫瘍切除術等 手術・処置等2なし 37 5.95 8.78 0.00 74.24
080007xx010xxx 皮膚の良性新生物 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部)等 手術・処置等1なし - - 4.28 - -
080020xxxxxxxx 帯状疱疹 - - 8.96 - -
080006xx97x0xx 皮膚の悪性腫瘍(黒色腫以外) その他の手術あり 手術・処置等2なし - - 10.60 - -
080011xx99xxxx 急性膿皮症 手術なし - - 11.97 - -
黒色腫以外の皮膚の悪性腫瘍が太宗を占めております。
泌尿器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110070xx0200xx 膀胱腫瘍 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 140 8.49 7.44 3.57 75.08
110420xx97xx0x 水腎症(その他) その他の手術あり 副傷病なし 41 4.95 5.33 2.44 67.05
11012xxx020x0x 上部尿路疾患 経尿道的尿路結石除去術等 手術・処置等1なし 副傷病なし 35 10.03 5.83 2.86 65.86
11012xxx97xx0x 上部尿路疾患 その他の手術あり 副傷病なし 29 9.48 7.08 10.34 68.55
110070xx99x20x 膀胱腫瘍 手術なし 手術・処置等22あり 副傷病なし 24 20.88 11.72 0.00 72.58
膀胱腫瘍・膀胱悪性腫瘍を筆頭に、水腎症、上部尿路疾患(経尿道的尿路結石除去術等)が続いております。
呼吸器・腫瘍内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040040xx9910xx 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1あり 手術・処置等2なし 320 3.15 3.68 0.63 71.64
040040xx99040x 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等24あり 副傷病なし 165 9.39 12.35 1.21 71.87
040110xxxxx0xx 間質性肺炎 手術・処置等2なし 152 15.33 19.92 5.92 72.22
040040xx9905xx 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等25あり 64 12.06 19.24 0.00 71.33
040040xx9909xx 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等29あり 50 8.80 10.76 0.00 72.60
呼吸器・腫瘍内科では肺癌を中心とした悪性腫瘍に対して呼吸器内視鏡を中心とした検査入院や治療目的入院に多く対応しており、間質性肺炎を中心としたびまん性肺疾患も扱っています。
循環器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050050xx99100x 狭心症、慢性虚血性心疾患 手術なし 手術・処置等11あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 344 3.46 3.06 0.29 68.68
050050xx02000x 狭心症、慢性虚血性心疾患 経皮的冠動脈形成術等 手術・処置等1なし、1,2あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 275 3.92 4.71 0.00 70.44
050210xx97000x 徐脈性不整脈 手術あり 手術・処置等1なし、1,3あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 125 7.35 11.38 3.20 78.19
050070xx01x0xx 頻脈性不整脈 経皮的カテーテル心筋焼灼術 手術・処置等2なし 122 4.62 5.51 0.00 61.51
050130xx99000x 心不全 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 94 12.49 17.95 32.98 79.84
当科では狭心症の検査ならびに治療目的の入院が多く、続いて不整脈のペースメーカー治療やカテーテルアブレーション治療のための入院が上位を占めています。
経皮的冠動脈形成術やカテーテルアブレーション治療は、全国平均よりも短い入院期間で治療を行っています。
さらに救急診療で多くの患者さんを扱っており高齢者の心不全の入院数が多いのが特徴ですが、平均在院日数も全国より短く効率のいい治療を行っています。
腎臓内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110280xx02x00x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 動脈形成術、吻合術 その他の動脈等 手術・処置等2なし 副傷病なし 52 6.63 8.87 0.00 68.83
110280xx99010x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等21あり 副傷病なし 46 15.22 14.77 2.17 69.59
110280xx991x0x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 手術なし 手術・処置等1あり 副傷病なし 24 7.54 7.58 0.00 46.88
110280xx02x1xx 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 動脈形成術、吻合術 その他の動脈等 手術・処置等21あり 21 30.14 37.06 0.00 68.71
110260xx99x0xx ネフローゼ症候群 手術なし 手術・処置等2なし 20 17.55 22.67 0.00 57.25
慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全が上位を占めております。
内分泌代謝内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
100070xx99x100 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。)(末梢循環不全なし。) 手術なし 手術・処置等21あり 副傷病なし85歳未満 63 13.08 14.61 1.59 59.56
100071xx99x100 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。)(末梢循環不全あり。) 手術なし 手術・処置等21あり 副傷病なし85歳未満 44 12.84 14.91 2.27 62.59
120200xx99xxxx 妊娠中の糖尿病 手術なし 40 4.05 6.05 0.00 34.40
100070xx99x000 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。)(末梢循環不全なし。) 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし85歳未満 37 11.41 11.48 8.11 60.30
100071xx99x000 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。)(末梢循環不全あり。) 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし85歳未満 19 11.53 12.20 0.00 64.42
当院では1型および2型糖尿病に加え、甲状腺疾患、副甲状腺疾患、下垂体疾患、副腎疾患、低血糖疾患など、広範な内分泌代謝疾患を受け入れている。
糖尿病ケトアシドーシスを含む高血糖状態には、迅速に緊急入院を受け入れ、血糖コントロールが落ち着けば、循環型糖尿病医療連携の形で紹介元に返送している。
救命救急センター
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
161070xxxxx00x 薬物中毒(その他の中毒) 手術・処置等2なし 副傷病なし 68 2.04 3.64 10.29 38.68
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 22 2.59 21.25 68.18 79.14
180010x0xxx2xx 敗血症(1歳以上) 手術・処置等22あり 19 9.95 34.89 78.95 73.21
010230xx99x00x てんかん 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 18 2.22 7.12 27.78 53.44
180010x0xxx3xx 敗血症(1歳以上) 手術・処置等23あり 16 13.75 39.70 18.75 71.50
多摩地域の救命救急センターとして当地域の患者背景としては高齢者の内因性救急疾患が多い特徴がある。誤嚥性肺炎をはじめとした重症感染症、それに続いて敗血症という全身疾患に移行して、それに対する集学的治療を施行している。また、精神科救急や神経救急患者も多く、それらの重症患者を救命救急センターでカバーしていることも特徴の1つと言える。
血液内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
130030xx99x40x 非ホジキンリンパ腫 手術なし 手術・処置等24あり 副傷病なし 60 15.88 16.83 0.00 70.40
130030xx97x40x 非ホジキンリンパ腫 手術あり 手術・処置等24あり 副傷病なし 37 48.00 34.90 8.11 61.05
130010xx97x2xx 急性白血病 手術あり 手術・処置等22あり 28 43.75 41.96 0.00 56.36
130030xx99x50x 非ホジキンリンパ腫 手術なし 手術・処置等25あり 副傷病なし 17 11.71 14.53 0.00 66.35
130040xx99x5xx 多発性骨髄腫、免疫系悪性新生物 手術なし 手術・処置等25あり 15 31.00 25.11 0.00 69.67
血液内科では、悪性リンパ腫や白血病に対する化学療法を中心に血液疾患全般に対して診療を行っています。
短期入院や外来での化学療法を積極的に取り入れ、入院日数の短縮に努めています。
消化器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060340xx03x00x 胆管(肝内外)結石、胆管炎 限局性腹腔膿瘍手術等 手術・処置等2なし 副傷病なし 242 11.77 11.06 0.41 75.57
06007xxx99000x 膵臓、脾臓の腫瘍 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 88 5.34 10.41 6.82 70.40
060140xx97x00x 胃十二指腸潰瘍、胃憩室症、幽門狭窄(穿孔を伴わないもの) その他の手術あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 72 10.19 10.93 6.94 70.92
060020xx04x0xx 胃の悪性腫瘍 内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術 手術・処置等2なし 67 11.04 9.02 1.49 74.25
060102xx99xxxx 穿孔または膿瘍を伴わない憩室性疾患 手術なし 58 8.50 7.89 5.17 64.67
胆道内視鏡の件数は多摩地区随一で年間660件を数えます。
超音波内視鏡検査も300件超行っており、多摩地区、都内の他病院医院より多数例ご紹介いただいています。
リウマチ膠原病科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
070560xx99x0xx 全身性臓器障害を伴う自己免疫性疾患 手術なし 手術・処置等2なし 152 11.90 17.77 1.97 58.93
070560xx99x8xx 全身性臓器障害を伴う自己免疫性疾患 手術なし 手術・処置等28あり 27 14.15 19.09 14.81 52.67
070470xx02x2xx 関節リウマチ 関節形成手術 肩、股、膝+人工骨頭挿入術 肩、股等 手術・処置等22あり 23 31.13 26.44 17.39 68.65
070560xx99x6xx 全身性臓器障害を伴う自己免疫性疾患 手術なし 手術・処置等26あり 20 13.35 29.92 0.00 51.60
070510xx99xxxx 痛風、関節の障害(その他) 手術なし 20 12.60 12.41 15.00 81.65
自己免疫疾患の内訳は、全身性エリテマトーデス、皮膚筋炎、ANCA関連血管炎、強皮症などの膠原病が主要な疾患です。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 126 37 38 74 192 22 1 6,7
大腸癌 54 62 111 97 149 32 1 7
乳癌 118 117 27 10 54 21 1 7
肺癌 77 69 136 379 370 65 1 6,7
肝癌 - 22 17 - 38 54 1 7
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
5大がん(胃がん、大腸がん、乳がん、肺がん、肝がん)の患者さんの数を、初発の病期分類別及び再発に分けて集計しています。
 平成28年度に退院した患者さんを延べ数で集計していますので、集計対象期間中に複数回入院された患者さんは集計も複数回行っています。
 また、「初発」とは、当院で当該腫瘍の診断、または初回治療を実施した場合、「再発」とは、当院・他施設を問わずに初回治療が完了した後、当院にて患者を診療した場合や、がん寛解後に局所再発・再燃または新たな遠隔転移をきたした場合を指します。
 なお、UICC 病期分類とは、①原発巣の大きさと進展度、②所属リンパ節への転移状況、③遠隔転移の有無の 3つのカテゴリによって各がんをⅠ期(早期)からⅣ期(末期)の 4病期(ステージ)に分類するものです。
 当院は、「地域がん診療連携拠点病院」として、専門的ながん医療を提供するとともに、地域のがん診療の連携協力体制の整備やがんに関する相談支援情報の提供を担っています。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 31 10.06 56.87
中等症 139 10.30 75.61
重症 32 12.84 79.56
超重症 17 9.88 81.82
不明 - - -
当院では市中肺炎は1次救急相当の軽症から3次救急相当の人工呼吸管理を要するような重症まで、呼吸器・腫瘍内科・救命センター・総合内科・感染症科など複数科で協力して迅速に幅広く対応しています。呼吸状態が安定したら近隣病院に後治療をお願いしていることもあります。
脳梗塞のICD10別患者数等ファイルをダウンロード
ICD10 傷病名 発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
G45$ 一過性脳虚血発作及び関連症候群 - 51 5.16 68.12 3.92
G46$ 脳血管疾患における脳の血管(性)症候群 - - - - -
I63$ 脳梗塞 3日以内 344 12.67 73.42 51.83
その他 11 15.45 72.45 1.41
I65$ 脳実質外動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内 12 23.92 73.25 16.67
その他 24 6.29 69.83 2.78
I66$ 脳動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの - - - - -
I675 もやもや病<ウイリス動脈輪閉塞症> - - - - -
I679 脳血管疾患,詳細不明 - - - - -
 最も医療資源を投入した傷病をICD10別に集計しています。ICD10とは、世界保健機関(WHO)作成した、国際的な疾病分類のことを指します。
 当院では発症3日目以内の急性期脳梗塞の患者さんが多くなっています。当院では、緊急性の高い患者さんへ24時間365日迅速に対応するとともに、適応する患者さんへは組織プラスミノゲンアクチベーター(t-PA)静注療法を実施する体制も整備しています。
 また、一定程度に落ち着いたと医師が判断した患者さんのその後の治療を行うため、周辺の連携病院との連携体制を構築しています。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K4762 乳腺悪性腫瘍手術(乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴わない)) 159 0.92 1.96 0.00 61.92
K719-3 腹腔鏡下結腸悪性腫瘍切除術 157 2.63 10.15 0.00 69.01
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 98 0.89 8.30 1.02 62.33
K6335 鼠径ヘルニア手術 94 1.04 2.60 0.00 71.48
K6532 内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術(早期悪性腫瘍粘膜下層) 94 1.06 6.37 0.00 71.81
乳癌手術は全国有数の症例を誇り,乳房温存治療だけでなく、形成外科と合同で乳房再建なども積極的に行っております。
胃癌、大腸癌の腹腔鏡手術施行率は67%で、その他胆石だけでなく、肝胆膵悪性腫瘍に対しても腹腔鏡下手術を導入しています。
胃癌、大腸癌の内視鏡治療は、東京都がん検診センターからの紹介です。
胆石、ヘルニア手術は、入院サポートセンターで術前準備をおこなうことにより手術当日入院が可能です。
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0821 人工関節置換術(肩,股,膝) 200 2.25 20.43 33.50 71.72
K0461 骨折観血的手術(肩甲骨,上腕,大腿) 77 1.26 20.56 58.44 73.55
K0462 骨折観血的手術(前腕,下腿,手舟状骨) 70 2.73 13.23 12.86 57.13
K0811 人工骨頭挿入術(肩,股) 49 1.63 29.27 79.59 81.82
K0463 骨折観血的手術(鎖骨,膝蓋骨,手(舟状骨を除く),足,指(手,足)その他) 35 1.89 8.20 2.86 43.71
人工股関節や人工膝関節の手術に力をいれています。入院サポートセンターで万全の準備を行います。自宅退院することが多いですが、事情によっては回復期リハビリテーション病院に転院することもあります。
四肢の外傷手術は、合併症のある人は専門各科の協力を得ながら、早期に手術とリハビリテーションを行います。
大腿骨近位部骨折に対しては早期手術と、リハビリテーションのため転院を推進しています。
形成外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K4763 乳腺悪性腫瘍手術(乳房切除術(腋窩部郭清を伴わない)) 39 1.23 7.90 0.00 47.87
K476-4 ゲル充填人工乳房を用いた乳房再建術(乳房切除後) 27 1.00 5.26 0.00 49.67
K0072 皮膚悪性腫瘍切除術(単純切除) 12 0.17 3.33 0.00 72.25
K0301 四肢・躯幹軟部腫瘍摘出術(肩,上腕,前腕,大腿,下腿,躯幹) 11 1.00 3.09 0.00 55.18
K0022 デブリードマン(100cm2以上3000cm2未満) - - - - -
形成外科は頭頚部再建や乳房再建術のように他科との共同手術を行うことが多く遊離皮弁、有茎皮弁からインプラントを用いる再建まで幅広く行っています。
皮膚、皮下腫瘍そして皮膚悪性腫瘍は入院患者は少ないが。局所麻酔手術を含めると年間600件以上行なっています。
外傷ではm顔面軟部損傷、顔面骨骨折や四肢外傷、熱傷、難治性皮膚潰瘍、褥瘡まで幅広く治療を行っています。
脳神経外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K164-2 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術 76 0.12 1.53 17.11 77.11
K178-4 経皮的脳血栓回収術 39 0.03 21.49 76.92 77.15
K1771 脳動脈瘤頸部クリッピング(1箇所) 32 0.91 23.53 28.13 62.03
K1643 頭蓋内血腫除去術(開頭)(脳内) 29 0.21 43.00 96.55 60.14
K189 脊髄ドレナージ術 22 0.23 38.45 63.64 64.64
脳外科では慢性硬膜下血腫に対する手術件数は多いですが、術後経過が良ければ早期退院、外来フォローの方針としています。
呼吸器外科(胸部外科)
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K514-23 胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術(肺葉切除又は1肺葉を超える) 42 3.50 8.93 0.00 66.07
K5131 胸腔鏡下肺切除術(肺嚢胞手術(楔状部分切除)) 39 4.54 5.49 0.00 29.33
K514-21 胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術(部分切除) 20 2.30 5.95 0.00 68.90
K514-22 胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術(区域切除) 17 2.24 8.00 0.00 65.65
K5132 胸腔鏡下肺切除術(その他) 10 1.40 6.10 0.00 52.30
肺癌に対する胸腔鏡下手術が最も多く、特に機能温存のため区域切除術の比率が高いのが特徴です。また炎症性肺疾患に対する肺切除術も行っています。
心臓血管外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5952 経皮的カテーテル心筋焼灼術(その他) 66 3.15 7.13 0.00 64.38
K5551 弁置換術(1弁) 18 3.50 20.22 11.11 70.83
K543 心房内血栓除去術 16 3.25 6.63 0.00 75.25
K502-3 胸腔鏡下縦隔切開術 13 3.62 8.38 0.00 70.31
K552-22 冠動脈、大動脈バイパス移植術(人工心肺不使用)(2吻合以上) 11 8.09 18.45 0.00 66.00
緊急手術を含め通常の心臓外科手術治療により多摩地区の地域医療に貢献するとともに、日本最大の経験数を誇る低侵襲心房細動手術によって全国各地の患者を引き受け、特色のある心臓血管外科手術治療も行っている。
産婦人科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K877 子宮全摘術 116 2.34 8.25 0.00 51.65
K867 子宮頸部(腟部)切除術 103 1.07 2.80 0.00 40.45
K879 子宮悪性腫瘍手術 72 2.54 10.50 0.00 58.99
K8881 子宮附属器腫瘍摘出術(両側)(開腹) 62 1.56 8.32 1.61 41.87
K861 子宮内膜掻爬術 50 1.00 1.42 0.00 48.04
子宮全摘術は主に子宮筋腫、子宮腺筋症に対して行う手術です。子宮頸部円錐切除切除術は子宮頸部の前癌状態(異形成)や上皮内癌の根治的治療法として施行する場合と癌の進行期を決定するために行う場合があります。子宮内膜掻爬術は子宮体癌の前癌状態や癌の確定診断が必要な場合に施行します。子宮悪性腫瘍手術は子宮頸癌、子宮体癌、子宮肉腫等に対して行う手術です。
眼科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K2821ロ 水晶体再建術(眼内レンズを挿入する場合)(その他のもの) 450 0.97 1.01 0.44 76.71
K2422 斜視手術(後転法) 16 0.19 1.00 0.00 48.00
K275 網膜復位術 10 0.70 4.40 0.00 53.60
K2423 斜視手術(前転法と後転法) - - - - -
K2801 硝子体茎顕微鏡下離断術(網膜付着組織を含む) - - - - -
水晶体再建術、斜視手術ともに外来手術での施行もあり、本表には含まれません。
耳鼻咽喉科・頭頸部外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K340-6 内視鏡下鼻・副鼻腔手術4型(汎副鼻腔手術) 94 1.03 3.53 0.00 53.78
K3772 口蓋扁桃手術(摘出) 52 1.25 5.63 0.00 35.35
K340-5 内視鏡下鼻・副鼻腔手術3型(選択的(複数洞)副鼻腔手術) 47 0.83 3.23 0.00 56.26
K4571 耳下腺腫瘍摘出術(耳下腺浅葉摘出術) 27 1.22 3.52 0.00 55.81
K319 鼓室形成手術 23 0.70 4.48 0.00 54.96
当科での手術件数は内視鏡副鼻腔手術と扁桃手術が多くなっていますが、耳科手術や頭頚部腫瘍手術も多く、頭頚部領域を幅広く行っています。手術のための入院は原則前日入院で行っていますが、外来での検査などを行うことで手術当日入院も可能であり、平均在院日数が短くなっています。
リハビリテーション科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0821 人工関節置換術(肩,股,膝) 51 3.02 18.22 19.61 67.84
K0461 骨折観血的手術(肩甲骨,上腕,大腿) - - - - -
- - - - - - -
- - - - - - -
- - - - - - -
リハビリ科では主に当院入院中の患者を対象に訓練を行っています。
脳血管障害や骨折術後等訓練に少し時間が必要な患者は回復期リハビリテーション病院に転院し訓練を継続します。人工関節術後患者は直接自宅退院かリハビリ科で1-2週間の訓練を経て自宅退院することになっています。
皮膚科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0072 皮膚悪性腫瘍切除術(単純切除) 43 0.19 9.53 0.00 74.42
K0052 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部)(長径2cm以上4cm未満) - - - - -
K0062 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部以外)(長径3cm以上6cm未満) - - - - -
K0051 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部)(長径2cm未満) - - - - -
K0061 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部以外)(長径3cm未満) - - - - -
皮膚悪性腫瘍の単純切除が太宗を占めております。
泌尿器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K8036イ 膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)(電解質溶液利用のもの) 142 1.77 6.52 4.93 75.35
K783-2 経尿道的尿管ステント留置術 71 0.62 9.38 8.45 69.58
K775 経皮的腎(腎盂)瘻造設術 21 0.81 26.90 14.29 69.00
K7981 膀胱結石,異物摘出術(経尿道的手術) 21 2.67 5.76 0.00 68.14
K7811 経尿道的尿路結石除去術(レーザー) 19 1.89 4.84 0.00 67.47
泌尿器科では、泌尿器悪性腫瘍の手術を中心に、結石などの良性疾患の手術も積極的に行っています。
循環器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術(その他) 196 1.98 2.29 1.53 71.59
K5951 経皮的カテーテル心筋焼灼術(心房中隔穿刺、心外膜アプローチ) 87 1.66 2.70 0.00 63.21
K5972 ペースメーカー移植術(経静脈電極) 78 2.96 5.67 8.97 78.40
K5491 経皮的冠動脈ステント留置術(急性心筋梗塞) 77 0.00 14.96 6.49 67.08
K5482 経皮的冠動脈形成術(エキシマレーザー血管形成用カテーテル) 46 0.50 8.67 2.17 67.41
手術は、経皮的冠動脈ステント留置術が最も多く、次にカテーテルアブレーション治療ペースメーカー移植術と不整脈治療が上位を占めています。
多くの救急患者さんに対応しており、急性心筋梗塞に対する経皮的冠動脈ステント留置術も多いのが特徴です。
またエキシマレーザーを用いた特殊な経皮的的冠動脈形成術も多く行っています。
豊富な治療経験に基づいて、高齢の患者さん、合併症を持った患者さんや難しい治療にも対応が可能です。
腎臓内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K610-3 内シャント又は外シャント設置術 89 4.11 6.84 1.12 69.96
K616-4 経皮的シャント拡張術・血栓除去術 56 1.46 3.14 14.29 77.02
K3772 口蓋扁桃手術(摘出) - - - - -
K635-3 連続携行式腹膜灌流用カテーテル腹腔内留置術 - - - - -
K607-3 上腕動脈表在化法 - - - - -
腎臓内科の入院症例は慢性腎炎等に対する腎生検、慢性腎不全患者の内シャント作成およびその修復(再建、血栓除去、血管拡張治療)、透析導入(血液透析あるいはCAPD)および腎不全患者の合併症対応です。
救命救急センター
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K386 気管切開術 27 7.37 17.93 81.48 75.04
K6021 経皮的心肺補助法(初日) 12 0.33 16.00 33.33 59.42
K147 穿頭術(トレパナチオン) - - - - -
K533-2 内視鏡的食道・胃静脈瘤結紮術 - - - - -
K6153 血管塞栓術(頭部、胸腔、腹腔内血管等)(その他のもの) - - - - -
当救命救急センターは救急科専門医を軸として各診療科との併設型の救命救急センターであり、統計上の救命救急センター内での手術としては気管切開や経皮的心肺補助法などという重症患者管理のサポート目的の処置が多くなっている。
消化器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 317 0.22 1.26 0.00 66.56
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 287 0.68 12.67 4.18 75.97
K654 内視鏡的消化管止血術 91 0.57 11.04 15.38 70.68
K6532 内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術(早期悪性腫瘍粘膜下層) 66 1.30 8.85 1.52 74.05
K721-4 早期悪性腫瘍大腸粘膜下層剥離術 54 2.69 7.41 0.00 71.07
内視鏡治療では特に大腸ESD(内視鏡的粘膜下層剥離術)の件数が急増しています。
他病院からも多数例のご紹介をいただいています。
リウマチ膠原病科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0821 人工関節置換術(肩,股,膝) 26 2.50 28.58 0.23 67.54
K6261 リンパ節摘出術(長径3cm未満) 12 4.67 17.00 0.00 62.25
K0783 観血的関節固定術(肩鎖,指(手,足)) 10 1.30 31.20 0.00 70.00
K060-31 化膿性又は結核性関節炎掻爬術(肩,股,膝) - - - - -
K0802 関節形成手術(胸鎖,肘,手,足) - - - - -
手術はリウマチ性疾患が基礎にある患者さんに対するものです。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 - -
異なる - -
180010 敗血症 同一 52 0.31
異なる 45 0.27
180035 その他の真菌感染症 同一 - -
異なる - -
180040 手術・処置等の合併症 同一 206 1.21
異なる 32 0.19
当院では、手術等の後に起こり得る合併症については、事前に患者さんへ説明、同意を頂いた上で手術や処置を行っています。
更新履歴